浮気調査報告書の内容

探偵事務所に浮気調査を依頼すると、最終的には調査結果がまとめられた報告書を受け取るのが一般的です。

これにはなにが記載されているのか疑問に感じている人もいるでしょうが、業者により多少の違いはあります。

ここでは、一般的な浮気調査報告書の内容について紹介していますので、参考情報としてお役立てください。

■浮気調査報告書の中身にはなにが書かれている?

探偵に浮気調査を依頼するなら

浮気調査報告書には対象者の氏名や住所、生年月日、車両の車種やナンバー、勤務先の名称や所在地、勤務先の電話番号、依頼内容や調査目的といった基本的な情報が記載されています。

そのほか、浮気調査をおこなった日時、浮気調査をスタートした場所といった細かい情報も、浮気調査報告書には書かれているのが一般的です。

あとは尾行や張り込みをおこなった際の対象者の行動や様子が時系列で詳細に書き込まれているのですが、カメラで撮影した場合は写真が掲載されており、動画の場合はDVDなどのメディアに撮影した様子が収録されています。

そして、成功した場合には、調査対象者の浮気相手の写真や、ホテルやマンションなどに入っていく様子、さらに詳しい情報がわかった場合には、浮気相手の氏名や生年月日、住所や電話番号といったことも報告書に記載されているのです。

■浮気調査報告書をみてみたい人は

実際に浮気調査報告書の内容をみたいと希望している人は、探偵事務所によってはサンプルを公開していることがありますので、それを参照してみるとよいでしょう。

ことこまかに内容がまとめられていることがわかりますので、依頼した場合のシミュレーションにも役立ちます。

■探偵事務所が掴んだ情報や書類は最終的にどうなる?

良心的・適法な探偵事務所であれば、個人情報保護を徹底していますので、浮気調査報告書を依頼者に提出したあとは、調査で得た個人情報は全部破棄されます。

したがって、情報が保管されることはなく、第三者に秘密が漏れてしまう心配はありませんので、安心しましょう。