契約後に依頼者がしてはいけない事

浮気調査を探偵事務所に依頼する場合には、依頼者としてやってはいけないことがいろいろとあります。

ここではそれがなにか順に説明していきますので、今後依頼するのであれば破ってしまわないよう、十分に注意しましょう。

■探偵事務所とのつながりがわかるものは残さない&隠す

探偵に浮気調査を依頼するなら

探偵事務所に浮気調査を依頼する前には、事務所のホームページをみたり、実際に電話やメールで相談することになりますし、そのあとには見積もりを取ったり、面談をする形になります。

また、依頼した際には契約書などの書類をとりかわすことにもなるでしょう。

ネットや電話、メールの履歴はしっかりと削除し、書類は絶対にみられない場所に保管しておいてください。

バレてしまうと浮気調査が失敗に終わってしまいますので、くれぐれも気をつけましょう。

一緒に暮らしている場合には、関係書類は一式実家に保管しておくと、対象者にみつかる心配がありません。

■浮気を調べることを自分でしない

依頼前から浮気調査の対象者に対し、浮気をしているのか探りを入れるようなことをしてはいけません。

対象者は疑われていることを察知し、警戒してしばらくのあいだ浮気をしなくなってしまう可能性があるからです。

いつもどおりの自分でいられるよう、平静を装っておくことで浮気調査が上手くいきやすくなります。

■ほかの人に調査のことをいわない

浮気調査をするかだれかに相談したり、ほかの人に浮気調査の依頼中であることを話す人がいますが、情報はどこから漏れるかわかりません。

対象者に情報が伝わってしまうと、浮気調査は失敗に終わってしまいますので、探偵事務所と自分だけのやりとりにとどめておかなくてはいけないのです。

■予定を無闇に聞かない

浮気をしているのか対象者に聞いたり、自分で調べたりしないということにも似ていますが、対象者に予定のことを質問しないことも大切です。

対象者が外出したり、外泊するタイミングでは尾行や張り込みといった調査がおこないやすくなるため、どこかにいく予定があるのかと聞いてみたくなるところですが、これはしないに越したことはありません。

やはり対象者としては怪しまれていると感じ、調査の妨げになってしまいやすいからです。